院長ブログ

2018.03.11更新

こんにちは!骨盤から体の不調を整える専門家、清瀬骨盤矯正ラボの三村です!

今日は肩コリとその原因についてお伝えします!

 

肩こりがあるのはとても辛いし、できることなら無くしたい。
でも、マッサージをしてもすぐ凝ってきちゃうし…

 肩こりに悩む

なかなか治らない肩こり、本当につらいですよね。
頭痛になったり、ひどくなれば吐き気を感じることもあります。

治らないものと諦めている人もいますが、実は肩こりは無くなるものなんです。

今日はそんな肩こりについてお伝えしたいと思っていますが、その前に一つ質問です。
あなたは肩こりと聞くと、どんな原因を思い浮かべますか?

ちょっと想像してみてください。

 

生まれつき?
体質のせい?
運動不足?
筋肉が硬くなったから?

いろんな原因が思い浮かぶかもしれませんが、原因さえわかれば解決するのは簡単です。

それも踏まえお話ししますが、まずは「肩こり」とはなにか?知るところから始めてみましょう。

【目次】
・そもそも肩こりってなに?
・肩こりの原因について
・肩こり以外の肩からくる症状について
・肩こりを自宅で治してあげるには?
・簡単!自宅でできるケア

 

 


・そもそも「肩こり」とは…
さて、まずは肩こりってなんなのでしょう?
読んで字のごとく肩が凝っている状態ですが、肩の筋肉が固くなっているから肩コリではありません・
とっても固いのに、「私肩こり感じたことないんですよ~」なんて人もいますから。
じゃあいったい肩こりってなんなのか?
実は肩こりは「自律神経のトラブル」の一つなんです。
肩の筋肉や筋膜が姿勢などによって固くなり、リラックスできず常に
力が入りやすい状態になってしまい、自律神経が興奮状態になると、痛みや辛さが出てきてしまうんです。
なのでどんなに固くても、リラックスできる人はあまりツライと感じないようです。
とゆうことで、肩こりを治すには、
まず①原因を解決して②リラックスできる時間を増やし③自律神経の働きを整えることが大切です。
そこで次はその「原因」についてお話します。

 

・肩こりの原因とは?
現在、肩こりで悩む人はとても増えています。今では小学生でも肩が凝ってマッサージをしてもらっているなんてゆう子も増えてきました。
当院でも
・デスクワークでパソコンばかり使っていると凝ってくる
・子供の時からずっとコリがある
・マッサージをしてもすぐ凝ってしまう
・コリすぎて頭痛がすることも…
など、悩んでいる方が多くご来院されています。
では肩こりの原因はいったいなんでしょうか?
これを知らない限り、いつまでも肩こりと付き合っていかないといけません。
なので、まずは原因を知ることから始めましょう!


【肩こりの原因】

その①長時間悪い姿勢で過ごしている

肩こりで悩んでいる人の多くは、姿勢が悪い状態、いわゆる「猫背」であることが多いです。
そして猫背なのに、さらに姿勢を悪くしてパソコンやスマホを使って生活しています。
そのため背筋を伸ばした「いい姿勢」でいる時間がとても少ない傾向にあります。
そうなると、体に悪いクセとして「猫背」の状態で固まってしまいます。

ですので、肩こりを治していくためには「猫背の改善」がとても大切になっていきます。
猫背を治していかない限り、いくらマッサージをしてもその場しのぎになっていましますので、少しでもいい姿勢に近づけるように整えてあげましょう!


その②目の疲れがたまっている

最近は特に多いですが、目の疲れがたまっている方がとても多いですね。
仕事ではパソコンを使わなければ仕事にならないし、暇さえあれば携帯やスマホを使っていたり、
ゲームなんかも目が疲れる原因の一つです。
では目が疲れるとなぜ良くないのか?
いくつか理由がありますがここでは大きく分けて2つ。
一つは首肩の周りに「目のツボ」が集まっていることが挙げられます。
この目のツボは、目が疲れてくるとその周りの筋肉の血行が悪くなり固くなってきます。
そのため肩や首が固くなりやすいんです。
もう一つの理由は、目は脳と同じく、「神経の集まり」だからです。
そのため目が疲れるほど目を酷使するとゆうことは、脳も同じくらい使っていることになります。
そんな風に脳が使い過ぎになると、脳は神経のかたまりなので、自律神経もつかいすぎてしまい、興奮状態になります。
よく「寝る3時間前はテレビやパソコンは見ないようにしましょう」なんて言われていますが、あれは目を休めて脳の興奮を抑え、
リラックスして眠れる環境を作るためなんですね。
あなたは眠る直前までテレビやパソコン、携帯・スマホをみていませんか?
今日から気にしてみてくださいね!

 

 その③呼吸が浅くなっている

肩や首の筋肉が凝り固まってしまうと、呼吸が浅くなります!
その理由を簡単に説明していきたいと思います。
は、息を吸う時には「横隔膜」とゆう筋肉を使います。
この「横隔膜」と首の筋肉が、とっても仲良しなので、一緒に動いていることが多く
一緒に力が入るようになっています。
つまり・・・
首の筋肉に力が入れば、横隔膜も力が入ってくる。
逆に、首の筋肉の力が抜ければ、横隔膜も力が抜ける。ということなんですよ。
首コリや肩コリがある方は、首周りの筋肉が硬くなっていて、縮こまってしまっています。
そうすると、自然と横隔膜も力んだ状態になってしまうので、上手く働かなくなります。
横隔膜の働きが悪ければ、胸が十分に広げられないので、息をたっぷりと吸い込むことが出来ません。
さらに、悪い姿勢だと肋骨も動きにくいので、ますます呼吸は浅くなります。
そして呼吸が浅い状態だと・・
身体は力んでいて、リラックス出来ません。
いつもいつも緊張状態が続くと、どうなると思いますか?
疲れてしまいますよね。
• デスクワークで、ずっと集中している時・・・
• 大事な役割を任されてプレッシャーを感じている時・・・
• ちょっと嫌なことがあって、イライラしている時・・・
肩や首が力んでいて、呼吸が浅くなっているかも知れませんよ!

 

その④腕の筋肉の使いすぎ

肩こりに悩む方に特に多いのがデスクワークをされている方ですが、意外に見落としがちなのが、腕の筋肉です。
パソコン作業では筋肉を使っているイメージはあまりないかもしれませんが、
指先を使う作業の繰り返しは長時間続くとやはり筋肉に疲れがたまります。
また、指先は細かい動きができる分、神経も細かくたくさん通っています。
なので指を動かすことで神経の疲れ→脳の疲れに繋がってくるんです。
そんな状態が続けば自律神経の働きも乱れ、肩こりや頭痛になりやすい体になってしまいます。
お仕事なので避けることは難しいかもしれませんが、目を休めるのと同じくらい、手を休めるのは大事ですね!

 

 

・肩こり以外の肩回りのトラブル

ここまでは肩こりについてお話していきました。次は肩こり以外のトラブルについてお話します。
まず肩のトラブルとして代表的なのは「四十肩・五十肩」です!
本当の名前は「肩関節周囲炎」と呼びますが、四十代・五十代の方に多いため四十肩・五十肩と呼ばれています。
さてこの四十肩、突然なってしまうことが多いですが、なぜなってしまうのでしょうか?

 

実はこれ、はっきりとした理由は今だに解明されていないそうです。
ですが、やはり四十肩になった方に聞いてみると、先ほどの原因と重なることが多いんです。
先ほどのお話から猫背で肩の筋肉、特に肩甲骨と呼ばれる骨が動かなくなってしまっている。その上更にリラックスできなくて、呼吸も浅い状態で過ごしている。
こんな肩こりの人たちは「四十肩予備軍」かもしれません。今はなくても突然くる四十肩。
しっかり肩こりを治して予防していきましょう!

 

そしてもう一つ関連してくるのは「頭痛」です。
特に目が疲れている方は頭痛が出やすいですね。先ほどもお話ししたように、
目のツボは首肩の周りに多くあります。
それによって首肩に影響し、筋肉が固くなると、首の周りの血行が悪くなり、
脳に酸素が行きにくくなります。すると脳は酸欠を起こして、
異常を知らせるために頭痛として痛みを出すわけなんです。
また、目は脳と同じ神経ですから、使いすぎて脳が疲れるのも良くないですね。
あとは「酸欠」とゆうところからいえば、呼吸が浅くて酸素が足りなくなるのも大きな問題です。

これらを解消するためにも、肩こりの原因を解決して、普段から凝りにくい体を作っていきましょうね!


・自宅で肩こりを治すには…

さて、それでは自宅でできるセルフケアについてお伝えしていきます。
今回はリラックスして自律神経のスイッチを切り替える(緊張モード→リラックスモード)にしてほしいので、
ご家族やパートナーに協力してもらいましょう。
もちろん、同じことを一人で行えば肩こりのケアができますので、試してみてくださいね!

 

①肩こりのツボを刺激する

1.まずは相手の方にうつぶせ、もしくは座ってもらいます。
2.このイラストのツボを指、もしくは100均に
あるような健康グッズの棒で押していきます。
3.押したら強さは変えずに、そのまま待ちます。
※マッサージのようにグリグリしたくなりますが、
筋肉を傷めて逆に固くなってしまうためじっとほぐれるのを
待ちましょう。
4.しばらく押す力を変えずに維持すると、だんだん
コリがほぐれます。時間の目安として1~3分ほど。

肩こりのツボ
(引用:https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2001_11/katakori/06.html)

 

②目のツボを刺激する

1.相手の方にあおむけに寝てもらいます。
2.このイラストのツボを指をつかって、目の周りを
なぞるように優しく刺激していきます。
3.図の「晴明」とゆうツボから外に向かってなぞります。
4.左右行い、最後に目を温めるように、自分の手のひらを
こすって温め、相手の目にかる~く押し当てます。
5.押し当てたまま3回大きく深呼吸してもらいましょう

目の疲れのつぼ
(引用:http://eye-sapurimento.seesaa.net/upload/detail/image/03-thumbnail2.png.html)

 


③アゴのマッサージ

1.あおむけに寝てもらいます
2.耳の前あたりからあごにかけて、円を描くように
指でマッサージしていきます。
3.とても痛がることもありますので痛いかどうか、聞きながら
行ってください。
4.時間の目安は2~3分。

顔 マッサージ

 

 

 ④腕のストレッチ

①肘をしっかり伸ばして指の付け根あたりを持ちます
②腕が伸びるように10秒ほどキープ
③強さはイタキモチいい程度

前腕のストレッチ

 

まずはここから始めてみてくださいね!
大事なのは続けることですので(*^^*)

 

・まとめ

今日は肩こりについてお伝えしていきました。
とにかくリラックスして頭と体のどちらも休めてあげるようにしてみてください。
習慣として上記の運動や、歩いたりの全身運動もおすすめです!
是非是非今日のことを活用してもらえたらうれしいです!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

投稿者: 骨盤矯正ラボ 清瀬駅前整骨院

  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • メールでのお問い合わせははこちら
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • top_inq02_sp.png
  • メールでのお問い合わせははこちら
<$MTBlogURL encode_xml="1"$> 1.0 <$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$> <$MTEntryPermalink encode_xml="1"$> <$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$>