院長ブログ

2016.10.24更新

東京都清瀬市骨盤矯正ラボの三村です。

 

 

鏡を見て姿勢が気になったり、ご両親から

 

「姿勢を伸ばしなさい!」なんて言われたことはないですか?

 

一度言われると気になるものですが、常に気をつけているのは大変ですよね。

 

 

でも、伸ばした姿勢がいい姿勢なのでしょうか?

 

本当に猫背はよくないんでしょうか?

 

 

そこで今回は、本当の「姿勢」とはなにか?を書いていきます。

 

 

 


なぜ姿勢を良くしたいのか?


 

一般的に、「姿勢は正しく!」というのがある種常識になってきました。

 

 

実際に、“姿勢が悪い=猫背”とゆうことで、猫背を治したいという相談はとても多いです。

 

 

では、なぜ姿勢を良くしたいのか?

 


実際に聞いてみると、

 


・キレイになりたいから


・猫背が嫌だから


・なんとなく良くしたい

 

など、色々あるようです。

 

 

そん中で一番多い理由が、 

 


「人に姿勢が悪いねって言われたから」でした。

 

 

やはり、人にどう見られてるかは気になりますよね。

 

 

キレイになりたいから、猫背が嫌だからっていうのも、理由としては同じ気がします。

 

 

それでは、見た目がキレイになる以外にどんな効果があるのでしょうか。

 

 

 


姿勢が良くなるとどんないいことがあるの?


 

まず、姿勢が良くなると血流が良くなります。

 

 

これは、姿勢が良くなったために、呼吸がしやすくなり、

 

内臓が元気に動くようになるからですね。

 

 

そうして血流が良くなると、代謝が良くなります。

 

 

代謝が良くなると、痩せやすくなったり、お肌がキレイになったり、

 

便秘が良くなったりと、美容的ないい事がたくさん起こります。

 

 

この血流が良くて、代謝が上がった状態が続くと、

 

 

免疫力が上がったり、疲れが取れやすくなったりするわけです。

 

 

見た目がキレイになる以外にも、いい事がたくさんありますね。

 

 

見た目に関して以外でも、姿勢がいいのはとっても大切なんです。

 

 

よし、じゃあ今日から背中を伸ばしていよう!と思ったあなた、

 

 

ちょっと待ってください。

 

 

姿勢は伸ばせばOKってわけではありませんよ。

 

 

頑張って気をつける前に、本当の「良い姿勢」について、知ってみてくださいね。

 

 


本当の「良い姿勢」とは…


 

まずはじめに、あなたは今このブログを、たぶん座って読んでいると思いますが、

 

 

座っているときに、

「猫背のような、背中を丸くした・力を抜いて座った姿勢」と、

 

「背筋をのばして、ピンとした姿勢」と、

 

 

どっちが楽に座っていられますか?

 

 

もし、あなたが

 

「猫背のような、背中を丸くした・力を抜いて座った姿勢」の方が楽に感じたら、

 

 

それが、あなたにとって良い姿勢ということになります。

 

 

え?猫背だよ?と思うかもしれませんが、実際にはそうなんです。

 


姿勢は伸ばせばいいわけではない


 

 

 

もちろん伸びてる姿勢の方がキレイです、それはそうなんですが、

 

 

「背筋をのばして、ピンとした姿勢」をずーっとはできないですよね。
(もちろんその方が楽ならそっちが良い姿勢ですよ)

 

 

無理してピンと伸ばしていても、そのうち元に戻ります。

 

 

何より疲れます。ずーっと緊張してるようなもんですから。

 

 

なので健康面からみた「良い姿勢」とは言えません。

 

 

あくまでも「姿勢がいい」であって「良い姿勢」ではないって事です。

 

 

なので、いくらキレイだからって、楽じゃなければ続かないし、

 

 

力が入ってると、伸ばしてるのにキレイに見えない、なんて事にもなります。

 

 

ちなみに「姿勢がいい」と「良い姿勢」は違いますのでご注意を。

 

 

良い姿勢は「体が楽な姿勢」


 

姿勢がいい」とは、単に背筋が伸びている、固い姿勢。

 

 

楽かどうかは関係なくです。

 

 

「良い姿勢」とは、どんな格好でも楽に過ごせる柔らかい姿勢の事です。

 


伸びてるかどうかは関係ありません。

 

 

なので、骨盤矯正ラボでは、

 

 

「体が楽なら、猫背もOK、伸びてるのもOK」と伝えています。

 

 

実際、その方が健康的でキレイな方が多いですから。

 

 


結局のところ、“美は健康の上に成り立つ”と考えています。

 

 

無理して伸ばして、肩こり腰痛があったり、

 

疲れが取れなかったら、キレイになるどころではないですよね。 

 

 

それでもいい!という人もいますが、

 

長続きせず、元にもどってまた悩む方が多いのです。

 

 

しかし、柔らかい姿勢を手に入れた方は、伸ばそうと意識せず過ごしてても、

 

「姿勢良くなったね!」と言われるようになったと喜んでいます。

 

 

楽な姿勢は「良い姿勢」、知らない方も多いですがこれが一番良い姿勢だと考えています。

 

 

まとめ



これを読んでくださったあなたにも、

 

本当の「良い姿勢」を手に入れて、

 

健康でキレイな体づくりをして欲しいと、私は思います 。


頑張って伸ばすのではなく、

 

無理なく伸ばせる柔らかい体づくりを、

 

今日から意識してみてくださいね。


院長 三村大輔

 

投稿者: 骨盤矯正ラボ 清瀬駅前整骨院

2016.10.18更新

こんにちは、骨盤矯正ラボ、院長三村です。

今日は産後の腰痛についてお伝えします。

産後の骨盤と腰痛

産後ママさんの腰痛はどんな腰痛?


 

当院に来られている方の中で、産後のママさん達が悩んでいる腰痛は、

・朝起きると腰が痛い
・同じ格好(座りっぱなしなど)でいた後に腰が痛む

この二つが特に多いです。

そのほかには
・抱っこするときに腰が痛い
・尾てい骨が痛い
・恥骨が痛い
・腰から足がしびれる
といったお悩みが多いです。

そこで今日は「朝起きると腰が痛い」についてお話します。

朝起きると腰が痛い方に話を聞いていくと、

 

朝起きると腰が痛い

しばらく横になっている

痛いけど頑張って動き出す

だんだん痛みがなくなってくる

そのあとはあまり痛くなく動ける

翌朝また痛くなる

 

こんなパターンが多いですね。

 

なぜ朝起きたら腰が痛いのでしょうか?

本来なら、一晩寝ると痛みや疲れがとれて、朝が一番元気なはずですよね。

なのに痛いとゆうことは、簡単に言うと「疲れがとれてづらい体質」になってしまってるからなんです。

 

 

朝起きて、疲れとれてますか?


 

それもそのはず。
産後のママさんたち、ゆっくり休む時間がありますか?

出産から、初めての育児でわからないことばかり。

夜は二時間おきに授乳で起きて、朝はご飯の支度して。

昼間は子供がお昼寝している間に家事をして、

ようやく一息ついた頃にお昼寝が終わり…

これが続いていけば、疲れもたまっていきますよね。

そんな疲れがたまりすぎた結果、腰痛が出てきてしまうと私は考えています。

産後の骨盤のゆがみを取ることも大事。

でも、それ以上に、産後ママさん達は疲れがとれやすい体に、体質を変えていきましょう。
体質が変わる頃には、ゆがみも体型も以前の体に戻ってますから。


とゆうわけで今日は産後ママさんの腰痛について、お話ししていきました。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!


骨盤矯正ラボ 院長 三村 大輔

投稿者: 骨盤矯正ラボ 清瀬駅前整骨院

  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • メールでのお問い合わせははこちら
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • top_inq02_sp.png
  • メールでのお問い合わせははこちら