院長ブログ

2018.04.11更新

こんにちは!清瀬市で唯一の不妊症・妊活サポート専門院、清瀬骨盤矯正ラボです!
今日は男性不妊に効果的な精力アップのポイントについてお伝えします(*^^*)

 

【今日からできる、精力アップのポイント!】


① セックスライフとリラックス

男性なら感じたことがある方もいるかもしれませんが、タイミングの時に限って、どうしても調子が良くないという方が意外にも多くいらっしゃいます。

そうなると、自分に自信が持てなくなったり、男として情けないなんて自分を責めてしまうことも。

もしあなたもそんな経験があったとしたら、まず「朝立ち」に着目してみてください。

「朝立ち?」と思うかもしれませんが実はこれすごく大事なんですよ!

お医者さんの中には、朝立ちが健康のバロメーターという方もいますが、血液の質などの体質が良くないと朝立ちも起こらなくなってしまいます。

なので、もしあなたがタイミングの時にうまくいかなかったとしても「朝立ち」あれば性機能には問題はないはずですので、そこで落ち込む必要はありません。

どちらかというと、タイミングへのプレッシャーやセックス時の緊張が原因の可能性がありますので、ご夫婦でリラックスできるセックスライフを工夫してみることもぜひ試してみてくださいね。

 

 

② 血液の状態


精力アップ、男性不妊解消には血液の質も特に重要です。男性器は毛細血管がたくさん集まっています。

 


毛細血管ということは、その名の通り毛先くらい細い血管ということです。

性器に血行が行きわたらないと、勃起に影響を及ぼしてしまうようになるんです。

では血管が細い、血管が少ないということが原因でしょうか?

実はほとんどの場合、血管よりも血液の質が悪い、いわゆる「ドロドロ」であるために細い血管には血液が届きづらいことが原因なんです。

もちろん健康のためにも、血液がサラサラな方が良いですよね!

日々の生活から工夫して夫婦で血液の質を変えることも取り組んでみてくださいね!

 

 


【精力アップ3か条】


① 脱ゴロゴロ!体力をつけよう!
リラックスするためには自律神経を落ち着かせ、体の緊張状態とリラックス状態のスイッチを切り替えなければなりません。

その体のリラックス状態を作るためには心肺機能の向上が有効です。

運動不足やデスクワークが多かったりで体力が落ち、日常生活で息を切らすような体力だと、ずっと心臓が頑張らなければいけない状態になります。

そうすると、体はいつも交感神経という興奮モードに入ってしまい、勃起が起こりにくくなってしまいます。

頑張って息を切らす運動でなくてもよいので、気持ちよく運動できる時間を作れるようにしてみてください。

継続的な運動は細胞を活性化させます。

 

 


② 脱パクパク:特に夜の食べ過ぎに注意
睡眠中は、内臓に血流を集めることで、内臓の疲れをとり、休ませる時間です。

内臓に血流が集まったり、内臓に血流が集まったり、内臓の疲労が回復しているときはとてもリラックスします。

逆に夜中に食べ過ぎて内臓が働きすぎると、朝になっても内臓の疲れが取れず、体はリラックスできません。

朝立ちがなく悩んでいる方、朝疲れが取れにくい方は、3日でいいので夕食で固形物を抜いて、みそ汁の汁だけや、岩塩を使った塩水だけで過ごしてみてください。

空腹は細胞を活性化させます。

 

 

 

③ 脱ヌクヌク:寒さを感じることで細胞を活性化
これは体を「冷やして」ということではなく、温度差を感じる習慣がとても大切だということです。

例えば朝方涼しい時間や夕方の肌寒い時間に、体を動かすことはとても細胞が活性化します。

男性器も含めて内臓も筋肉も細胞でできています。さらには、精子も細胞からできています。

「ゴロゴロ」「パクパク」「ヌクヌク」から抜け出すことで、精力、精子の活力、質がアップしていきます。

 

 


最後まで読んでくださってありがとうございます、読んでみていかがでしたか?

今日からできるものをお伝えしていますので、さっそく今日から、まずは一つづつでも試していてくださいね!

 

 

投稿者: 骨盤矯正ラボ 清瀬駅前整骨院

  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • メールでのお問い合わせははこちら
  • 清瀬駅前整骨院 TEL:042-497-9212
  • top_inq02_sp.png
  • メールでのお問い合わせははこちら
<$MTBlogURL encode_xml="1"$> 1.0 <$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$> <$MTEntryPermalink encode_xml="1"$> <$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$>